Loading…

スポンサーサイト

Posted by 愛知県勤労者山岳連盟 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般向け登山講座 「装備と食糧」なぜ必要か?どう使うか?を学びました

Posted by 愛知県勤労者山岳連盟 on 06.2011 一般向け登山講座   0 trackback
0426ippankouza_kijo01.jpg

0426ippankouza_kijo02.jpg

4月26日(火)、愛知県勤労者山岳連盟の登山講座、第二回目の理論講座が開かれました。今回のテーマは「計画2 登山の装備と食糧の実際」。

今回の講座では、第一回のテーマだった、「計画書の大切さ」について復習したあと、装備の実物を前に洞井孝雄理事長が、登山の装備のひとつひとつが、なぜ必要か、どう使うか、ということについて説明しました。

「いつでもどこでもどんな場合でも」ザックに収められている装備(ベーシック・ミニマム)と、それらを基本に宿泊を伴ったり、積雪期の登山であったり、岩登りや沢登りなどの登山形態の違いによって展開される装備があること、また、個人装備とパーティーで共同して携行する共同装備の違いなどについて基本的な考え方を紹介し、実際に、ザックにパッキングされた装備をひとつひとつ取り出す形で、なぜこれらの装備が必要なのか、ということと、どのようにして使うか、どんな場合に使うかの実際を説明しました。

こうしたベーシック・ミニマムの装備は、各家庭に常備したいとされる非常袋以上にグレードの高いサバイバル・ギアであり、それらが用意されているだけでも、万一の際に生死を分けることがあることや、共同装備のツェルトの使い方とその意味、ロープの携行と実際の安全確保による危険地帯の通過などについては、簡単な技術にすぎないのですが、知っているのと知らないでいるのとでは安全性に大きな違いがあることが強調されました。

また、食糧についても行動しながらエネルギーを補給する「行動食」という考え方について説明がなされ、まず、のどを通ること、日帰り、長くても数日という山行期間では、カロリーやエネルギーよりもむしろ、空腹を感じない、行動するためのエネルギー補給のための食物の定番を、それぞれが個々に作っていくことが大事だ、と説明されました。

受講生たちからは、終了予定時刻を過ぎても、質問が相次ぎ、興味深そうに装備のひとつひとつに触れながら見入っていました。

スポンサーサイト

一般向け登山講座スタート! 「計画の大切さ」、学びました

Posted by 愛知県勤労者山岳連盟 on 24.2011 一般向け登山講座   0 trackback
4月19日(火)、午後7時から、名古屋市内の愛知県勤労者山岳連盟の事務所で、一般向け登山講座が始まりました。一般の登山者を対象に労山愛知県連が「登山講座」(理論講座6回、実技2回)を開くのは昨年に続いて二回目。今年は、県内から30名の受講者が集まりました。

0419ippankouza_kijo01.jpg

第一回目の理論講座は「山に登る前に1-山に入る姿勢と計画-」、愛知県連の洞井孝雄理事長(半田ファミリー山の会)が、「なぜ山に登るか」、「登山の意味」などについて講義し、すぐれて文化的・知的なスポーツ・遊びである登山を享受するためには、事故を起こさない取り組みが大切であり、その基本としての事前の計画や計画書のの役割や意味を理解し、作成提出していくことが事故防止の基本となることを訴えました。

受講者たちは熱心にメモをとりながら話に聞き入っていました。

次回は26日(火)。5月中旬(14日)に予定されている実技登山を前に、「山に登る前に2」として、計画書と、「装備と食糧」について、実際にひとつひとつの装備を見ながら、なぜそれが必要か、どのようにして使うか、を中心に講義が行われる予定です。

  

プロフィール

愛知県勤労者山岳連盟

Author:愛知県勤労者山岳連盟

〒454-0055
名古屋市中川区十番町2-8
栄和産業(株)ビル2階
(吉野家1号線十番町店 東隣)
(Googleマップ)

地下鉄名港線 六番町駅
3番出口から国道1号線沿いに西へ400m
入口は国道1号線から見て裏側=建物南側

FAX:052-654-1210
mail:aichirousan@gmail.com
WEB:http://aichirousan.web.fc2.com/

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。