Loading…

スポンサーサイト

Posted by 愛知県勤労者山岳連盟 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第43期氷雪技術講習会スタート

Posted by 愛知県勤労者山岳連盟 on 28.2011 登山学校   0 trackback
愛知県連の氷雪技術講習会が10月24日(月)からスタートしました。

hyousetsugijutsu01.jpg

例年開かれる氷雪技術講習会ですが、今年は

【机上】
①「冬山の装備と生活技術」10月24日(月) 
②「冬山の気象」     10月31日(月)
③「氷雪技術」      11月7日(月)
④「冬山の危険と安全対策」11月14日(月)
⑤ 実技打ち合わせ    11月28日(月)

【実技】
宝剣岳周辺(予定) 12月3・4日(土・日)

のカリキュラム、日程で開講されます。

講師は②の「冬山の気象」はおやこ山の会の飯田征さん、それ以外は、半田ファミリー山の会の洞井孝雄さん(愛知労山理事長)が務めます。

hyousetsugijutsu_kijou01.jpg

10月24日、午後7時から愛知労山事務所でスタートした氷雪技術講習会。今年は、例年になく、受講希望者が多く、定員20人を越える受講者になりました。理論講座だけの受講者も多く、第一回の講座には新人、ベテラン、あわせて50名近い仲間が講座を聞きました。

「冬山の装備と生活技術」の講座では、まず、冬山がどのような条件によって構成されるか、それらの条件がどのような行動の困難と危険を引き起こすか、それらに対処する知識や技術はどのようなものがあるかという、冬山の定義について解説がなされました。

講師の洞井さんは、冬山における、それぞれの困難や危険について、実際の事故事例や、自らの経験を例に出しながら説明し、あわせて、日常の山行で携行しているベーシックな装備に加えて、雪山ではどのような装備が加わり、それらをどのように使うか、どんなものを選ぶか、などについて、実際の装備を示しながら紹介しました。

講座が終わってからも、紹介された装備の周りには受講生が集まり、講師に質問をしたり、受講生同士、話がはずんでいました。

毎年、氷雪技術講習会の実技の時期には、雪があるかどうかが心配の種ですが、例年以上に熱気のこもった講習会になりそうです。

次週第二回の講座は「冬山の気象」。講座だけの受講は当日の申し込みでも受講可能です(1講座受講料500円です)。
スポンサーサイト
  

プロフィール

愛知県勤労者山岳連盟

Author:愛知県勤労者山岳連盟

〒454-0055
名古屋市中川区十番町2-8
栄和産業(株)ビル2階
(吉野家1号線十番町店 東隣)
(Googleマップ)

地下鉄名港線 六番町駅
3番出口から国道1号線沿いに西へ400m
入口は国道1号線から見て裏側=建物南側

FAX:052-654-1210
mail:aichirousan@gmail.com
WEB:http://aichirousan.web.fc2.com/

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。